Hokkaiアットホーム:銀ダラの香味焼きとポテトピューレ

紹介

Quanさんが作った銀ダラの料理は、まさに「芸術品」。平さやいんげんとポテトピューレを添えたこの一品は、食べてしまうのがもったいないほどの美しさ。北海水産の銀ダラの切り身には、味付け加工がされていません。塩とコショウだけでもおいしく召し上がっていただけますが、今回はおうちシェフQuanさんが、レストランの味に格上げしてくれました。準備する材料がちょっと多めなのですが、作り方はとっても簡単!ぜひぜひチャレンジしてみてください!

分量

2

難易度

簡単

調理時間

25 分

材料

  • 銀ダラの切り身 2切れ
  • コショウ
  • クミンパウダー
  • 挽いたクミンシード
  • パン粉
  • オリーブオイル
  • チンゲン菜
  • 平さやいんげん
  • じゃがいも(男爵系) 中サイズ3個
  • バター 30g
  • 生クリーム 100g
  • 牛乳 100ml
  • 西京味噌 200g
  • 酒 100ml
  • みりん 100ml
  • 砂糖 100g

調理方法

  1. 銀ダラの切り身を冷蔵庫内かパックのまま冷水に30分入れ解凍する。
  2. 皮をむいたじゃがいもを鍋に入れ、柔らかくなるまで15分から20分ゆでる。
  3. 熱したフライパンにオリーブオリルを入れ、平さやいんげんを炒める。表面がうっすら茶色く色づき始めてきたら弱火にし、歯ごたえが残る程度までゆっくり15分ほど炒める。両面に火がきちんと通るように、時々ひっくり返す。その合間に、銀ダラの準備を行う。
  4. 銀ダラの切り身をさっと水洗いしたら、水気を取り、塩・コショウ・クミンパウダー・挽いたクミンシードを振りかけ、パン粉をまぶす。
  5. 熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、パン粉をつけた銀ダラを焼く。表面がカリっときつね色になるまで、片面それぞれ中火で2分ずつ焼く。
  6. じゃがいもが十分柔らかくゆで上がったら、鍋のお湯を捨てる。そこに、生クリーム・牛乳・バターを加え、中火にかけたままハンドミキサーで混ぜる。お好みで、塩・コショウを加える。
  7. 西京味噌のペーストを作るための小さめのソースパンを用意し、酒・みりん・砂糖を入れたら中火で温め、西京味噌を加えてよく混ぜる。出来たペーストは、皿に飾って豪華さを添えたり、風味を深めるためのソースとして使える。
  8. 生のチンゲン菜を皿にのせる。予熱したフライパンで1分から2分さっと炒めても、シャキシャキした食感が楽しめる。
  9. ポテトピューレ・平さやいんげん・チンゲン菜と一緒に食べる銀ダラに、思わず舌鼓を打ってしまうこと間違いなし!どうぞ召し上がれ!
2021 © HOKKAI GROUP