うな丼の作り方

夏はうなぎの季節です。うなぎはもともと寒い時期のほうがおいしかったようですが、江戸時代、夏にうなぎが売れずに困っていたうなぎ屋さんに頼まれ、平賀源内が、「夏の土用にうなぎを食べると体にいい」と広めた、と言われています。今では養殖技術も上がり、1年中うなぎが手に入るようになりましたが、夏にうなぎを食べる習慣が江戸時代からあったというのは、感慨深いものがあります。いつか「鰻が来る」という大河ドラマが出来るかもしれません。そんなうなぎを使ったうな丼、ぜひお試しください。

作り方(2人分)

  1. お米300gをといでおく
  2. といだお米を30分水に浸け、そのあとざるにあげる(時間のない場合は省略可)
  3. 鍋にお米と水400mlを入れ、火にかける。沸騰したら火を弱める
  4. 7~10分ほどして、鍋の底からぱちぱち音がするようなら炊きあがりです
  5. 鍋を火からおろし、ふたをしたまま10~15分蒸らす
  6. 北海水産の「うなぎ蒲焼」をパックのまま10分ほど熱湯に入れ、温める(解凍の必要はありません)
  7. うなぎを袋から取り出し、小さく切る
  8. 袋内に残っている蒲焼ソースを器に取っておく
  9. ご飯を茶碗に盛り、うなぎをのせる。上から蒲焼ソースをかける
  10. お好みで山椒をふりかけたり、海苔ねぎを散らしてください

北海水産の商品を使っておいしい料理を作ったら、ぜひソーシャルメディアでシェアしてください #hokkaiathome

どうぞ召し上がれ!

2021 © HOKKAI GROUP
0